障害児訪問保育 Annie

利用希望者説明会はこちら

アニーのご利用について

対象となるお子さん:

年齢:
1歳以上の未就学児(利用開始の前倒しは疾患により要相談)

症状:
下記3点を満たすお子さん
①中重度の肢体不自由、重症心身障害、経管栄養/経鼻栄養/胃ろう/腸ろう等の医療的ケア、疾病などで保育園に入れないお子さん
②弊会スタッフにより安全なお預かりが可能と判断されたお子さん
③お住まいの自治体保育課により、保育の必要性が認められるお子さん

※現時点では気管切開・人工呼吸器 のあるお子さんについては対応ができません。
※お子さんの症状や医療的ケアによっては対応ができかねる場合がございます。

お預かり実績のある疾患
低出生体重児の慢性疾患(肺疾患、脳室周囲白質軟化症、咽頭気管軟化症、気管支狭窄、夜間陽圧換気療法、在宅酸素療法中)、低酸素性虚血脳症、脳性麻痺、胃食道逆流症、肺高血圧症、先天性疾患(水頭症、腎不全、心疾患、代謝異常、TORCH症候群)、遺伝子疾患、神経・筋疾患、難治性てんかん

対象となるご家庭

保育が必要な状態にある方:

※週2、3勤務などの場合はご相談下さい。
※レスパイトや一時保育の受け入れは行っておりません。
※通常の保育園にお申込み後、待機となっているお子さんは対象外です。

利用可能日:
月曜日〜金曜日
(土、日、祝および年末年始はお休みとなります)

利用可能時間:
8時〜18時のうち最長8時間

利用料:
自治体の定める保育料、保育スタッフの交通費、訪問看護ステーション看護師の交通費

対象エリア:
千代田区、港区、新宿区、台東区、品川区、渋谷区、杉並区、豊島区、北区、板橋区、練馬区、文京区、中野区、目黒区、中央区、江東区

ご利用の流れ

  • 説明会参加

    ウェブサイトよりまずは説明会にお申し込みください。保育内容や利用方法についてご説明します。

    説明会に参加する
  • ヒヤリング

    お問い合わせ内容を確認後、事務局からご連絡いたします。お子さんの詳しい症状などを伺うほか、保育環境を確認するため、ご自宅に伺います。

  • 自治体に
    お問い合わせください

    障害児訪問保育アニーは子ども・子育て支援新制度に基づく、居宅訪問型保育事業です。窓口はお住まいの自治体の保育課となります。ご利用の申し込みについては、弊会へのお問い合わせと並行して自治体へのお問い合わせもお願いします。

  • ご利用開始

    ご利用が決まったら、ご自宅で1ヶ月実地研修・慣らし保育を行います。安全な保育を行うため、慣らし保育中は保護者の方にも同席いただく必要がございます。あらかじめご了承ください。