障害児訪問保育 Annie

動画視聴のお申込みはこちら

アニーだより

特徴を徹底比較!フローレンスの障害児向けサービス

  • hatena

特徴を徹底比較!フローレンスの障害児・医療的ケア児向けサービス

こんにちは、障害児訪問保育アニー事務局の水谷です。

フローレンスでは、お子さんに障害や医療的ケアがあっても親子が子育てとともに何でも挑戦できる社会を目指して、障害児や医療的ケア児のための保育やシッターサービスに取り組んでいます。

そんな中、よくお問い合わせいただくのが、「うちの子にはどのサービスがあっているんだろう?」というご質問。

障害や医療的ケアといっても、多種多様。そしてご家庭の状況は様々です。

フローレンスではご家庭に合わせて選べるように、複数のサービスを展開しているので分かりにくい点もあったかもしれません。

それぞれのサービスにはどのような特徴があるか、まとめて表にしてみましたのでご覧ください。
※2021年12月更新

フローレンスの障害児・医療的ケア児向け保育・シッターサービス比較表

それでは項目ごとに、4つののサービスを詳しく解説していきます。

1.お預かり形態

アニー・ヘレン・エレノアは保育、ナンシーはシッターというお預かり形態になります。

アニー・ヘレンは各自治体に保育利用申請をし、保育の必要性が認定された上でご利用が可能となります。基本的には親御さんの就労・疾病等による事由が必要となります。「自分らしく働き続けたい」という親御さんを、最大週5日・長時間のお預かりによってサポートしています。

ナンシーは、“もっと遊びたい” “もっとたくさんの人と関わりたい”などのお子さんがやってみたいこと、“ほっと一息つける時間がほしい”“買い物や用事を済ませに行きたい”などの親御さんのやってみたいことを叶えるための、シッターサービスです。こちらは親御さんが就労していなくてもご利用いただけます。

エレノアは、看護師が医療的ケア児宅を訪問し、一人ひとりのお子さんに合った保育を提供することで、一度離職した親御さんの「もう一度はたらく」の実現をサポートするサービスです。エレノアでお子さんをお預かりしている間に、親御さんには再就職を目指す障害児かぞく「はたらく」プロジェクトにご参加いただきます。(エレノアのお預かりの対象は、現時点では、基本的に障害児かぞく「はたらく」プロジェクト参加者のお子さんのみです。)

2.場所

ヘレンは保育施設で、アニー・ナンシー・エレノアはご自宅でお預かりをしています。
<施設型>

〈ヘレン〉

都内5箇所あるヘレンでは、施設にてお預かりします。障害児専門の保育園と想像していただけたら分かりやすいかもしれません。看護師、リハビリスタッフと保育スタッフが連携し、遊びを中心とした集団療育を実施しています。

<訪問型保育>

〈アニー〉

ご自宅に保育スタッフが訪問し保育します。お子さんが慣れている環境でマンツーマンでの保育を行えるため、集団保育が難しいというお子さんにも利用していただけます。

家の中での遊びだけでなく、天気がいい日はお散歩をしたり、地域の保育園と連携して交流保育を行うことで、子ども同士のコミュニケーションによって発達を促しています。

またアニーではお家の中で決まった保育スペースを確保させていただきお預かりをします。在宅勤務をされていたり、きょうだい児のお子さんがいる場合には、その場所とは別に保育スペースを設けていただく必要があります。

〈ナンシー〉

利用されるお子さんは感染症のリスクが高かったり、医療デバイスが多いため看護師がご自宅に訪問しお預かりします。医療的なケアを行いながら、体調に合わせて発達支援をしていけるような活動を行います。

〈エレノア〉

ご自宅に看護師が訪問しお預かりします。人工呼吸器や気管切開などの医療的ケアにも対応しています。保育の研修を受けた看護師が、一人ひとりのお子さんにあった保育を行います。エレノアではお家の中で決まった保育スペースを確保させていただきお預かりをします。在宅勤務をされる場合には、その場所とは別に保育スペースを設けていただく必要があります。

3.対象地域

フローレンスの障害児保育・支援は東京都23区・横浜市・仙台市で展開しています。

〈アニー〉

対象地域は、東京都内の以下の区です。
千代田区、港区、新宿区、台東区、品川区、渋谷区、杉並区、豊島区、北区、板橋区、練馬区、文京区、中野区、目黒区、中央区、江東区、荒川区

〈ヘレン〉

東京都内で、全5園を展開しています。送迎の関係でお住まいの地域によってご利用いただける園が決まっております。

  • 荻窪園:杉並区内の方を優先的にご案内しております。中野区、練馬区は一部エリアのみ
    (中野区大和町、若宮、白鷺、練馬区立野町、上石神井南町、関町南)
    ※尚、三鷹市、武蔵野市の方はお申込みできません。
  • 経堂園:世田谷区全域のみ。
  • 東雲園:江東区全域。中央区、港区は一部エリアのみ
    (中央区月島、勝どき、佃、豊海町、晴海、入船、湊、明石町、築地、港区台場)
    ※墨田区は対象外です。
  • 初台園:渋谷区全域。中野区は一部エリアのみ(中野区南台、弥生町)
    ※目黒区と港区、世田谷区は対象外です。
  • 中村橋園:練馬区全域のみ。

〈ナンシー〉

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、もしくは横浜市・仙台市にお住まいであればご利用可能です。

〈エレノア〉

対象地域は、東京都内の以下の区です。
千代田区、港区、新宿区、台東区、品川区、渋谷区、杉並区、豊島区、北区、板橋区、練馬区、文京区、中野区、目黒区、中央区、江東区、荒川区

4.医療的ケア

〈アニー〉

通常担任する保育スタッフが医療的ケアを行う他、訪問看護ステーションから看護師が訪問します。ただし、気管切開、人工呼吸器を必要とするお子さんについてはアニーではお預かりができませんのでご注意ください。

〈ヘレン〉

看護師、リハビリスタッフ、研修を受けた保育スタッフがチームを組み、保育園で安心して過ごせる体制を作っています。

〈ナンシー、エレノア〉

小児科経験豊富な看護師が訪問するため吸引・経管栄養、人工呼吸器や気管切開の対応も可能です。

5.お預かり時間

〈アニー〉

8:00~18:00の間で最大8時間のお預かりが可能です。例えば8:00から保育を開始する場合は16:00までのお預かりとなります。

〈ヘレン〉

8:00から18:30までのお預かりが可能です。就労時間等によって時間を調整します。
アニー、ヘレンともに、親御さんがお仕事との両立もできるようサポートしています。

〈ナンシー〉

1日あたり最大3時間のお預かりが可能です。利用制度によりますが、他社の訪問看護と同日にナンシーを利用することもできます。

〈エレノア〉

1日あたり3~4時間のお預かりが可能です。現時点では、基本的に『障害児かぞく「はたらく」プロジェクト』にご参加される方が対象となっており、曜日・時間はフローレンスから指定させていただきます。

6.お預かり頻度

アニーは週3~5日、ヘレンは原則週5日、ナンシーは週2日程度、エレノアは週4日です。

7.お預かり年齢

アニー・ヘレン・エレノアは1歳前後~未就学児まで、ナンシーは0歳から18歳までお預かり可能です。

8.ご利用料金

〈アニー〉

  • 保育料
  • 居宅訪問型児童発達支援利用料(所得に応じて0円、4600円、37,200円のいずれかの上限額内)
  • 保育スタッフ交通費
  • 訪問看護師交通費
  • 制作費

がかかります。
保育料は所得に応じた月額負担分がかかり、3歳児クラスからは保育無償化の対象です。

居宅訪問型児童発達支援のご利用については、ご家庭により異なるため事務局よりご案内いたします。

訪問看護師の交通費は神保町ーご自宅最寄り駅の往復分となります。(医療費控除の対象です。)

制作費は遊びや季節の行事の制作に使う材料費で月数百円程度になります。

〈ヘレン〉

  • 保育料
  • 児童発達支援利用料(所得に応じて0円、4600円、37,200円のいずれかの上限額内)
  • おやつ・水分代

がかかります。
保育料は所得に応じた月額負担分がかかります。

児童発達支援利用料は所得に応じて月額負担上限額が設定され、ひと月に利用したサービス量に関わらずそれ以上の負担は生じません。

保育料、児童発達支援利用料はいずれも3歳児クラスからは保育無償化の対象です。

〈ナンシー〉

  • 居宅訪問型児童発達支援利用料(所得に応じて0円、4600円、37,200円のいずれかの上限額内)
  • 居宅介護利用料(利用の場合)
  • 交通費(起点駅からご自宅最寄り駅までの往復)

がかかります。

居宅訪問型児童発達支援利用料は所得に応じて月額負担上限額が設定され、ひと月に利用したサービス量に関わらずそれ以上の負担は生じません。また、3歳児から5歳児のお子さんは幼児教育・保育の無償化の対象です。

※交通費について、東京都23区の場合は神保町駅、横浜市の場合は横浜駅,仙台市の場合は仙台駅が起点となります。(利用料が訪問看護制度に当てはまる場合は医療費控除の対象です。)

〈エレノア〉

  • 保育料
  • 福祉制度利用料(所得に応じて0円、4600円、37,200円のいずれかの上限額内)
  • 交通費(保育者の自宅最寄り駅から利用者ご自宅最寄り駅までの往復)

保育料は所得に応じた月額負担分がかかります。保育料、居宅訪問型児童発達支援はいずれも3歳児クラスからは保育無償化の対象です。

その他の福祉制度については、法律の定めに従い算定します。なお自己負担は所得に応じた負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量に関わらず、それ以上の負担は生じません。

<よくあるご質問>

〈アニー〉

質問:食事やおやつなどはどうなりますか?

お食事やおやつについては、ご自宅にてご準備頂き、保育スタッフがお食事の介助を致します。詳しくは、入園決定後にお伝えします。

〈ナンシー〉

質問:特別支援学校への送り迎え同行もお願いできますか?

移動支援制度を利用できる場合、特別支援学校への送り迎えに対応しています。
※送迎のみのサービスは行っておりません。
詳しくはお問い合わせください。

〈ヘレン〉

質問:早めに申し込みをして入園の予約をしておきたいのですが?

早めのお申込みによる入園枠の確保はできません。
お子さんの状態は短い期間で変わります。また、ヘレンに在園しているお子さんたちの状況も変わります。安全にお預かりすることが可能か判断させていただくため、書類や面談などの選考がありますことをご了承ください。

〈エレノア〉

質問:重度医ケア児訪問保育エレノアだけの利用は可能ですか?
現時点では、基本的に『障害児かぞく「はたらく」プロジェクト』との併用をお願いしておりますが、お預かりのみをご希望の方は、個別にお問い合わせいただいています。

9.まずは利用案内動画のご視聴・お問い合わせをお願いいたします!

お子様の症状や、ご家庭環境によって状況は様々です。アニー、ヘレン、ナンシー、エレノアでは保育スタッフ・看護スタッフ・事務局スタッフが互いに協力して入園相談のサポートをしており、入園前に看護師スタッフ・保育スタッフそれぞれの目線から直接ヒアリングをさせていただいています。

障害児訪問保育アニー・障害児保育園ヘレンのご利用を希望される方は、利用案内の動画視聴が必須になります。
障害児訪問保育アニーでは、日時指定の動画視聴をお申し込みされた方にZoomによる質問会を実施しています。

2022年春入園をご希望の方はお早めに動画視聴をお申し込みください。

ご自宅で気軽にご視聴いただけますので、まだどうしようか悩んでいるという方もまずはこちらにお申し込みください。

ナンシーはお申し込みフォームよりお問い合わせください。お申込みから実際のご利用までは時間がかかる可能性があります。スケジュールの余裕を見てご利用お申し込みをお願いいたします。

ナンシー利用申し込み

エレノアはお申し込みフォームよりお問い合わせください。利用説明会を開催しておりますので、お気軽にご参加ください。また、ご不明点・ご質問などございましたら、メールアドレス、または、お申し込みフォームよりお問い合わせください。

エレノア利用申し込み

>>障害児保育園ヘレン WEBサイト
>>医療的ケアシッター ナンシー WEBサイト
>>重度医ケア児訪問保育エレノア WEBサイト

\お役立ち情報満載/障害児保育・支援のLINE

フローレンスが運営する「障害児保育園ヘレン」や「障害児訪問保育アニー」、
「医療的ケアシッターナンシー」の魅力や、入園情報などをお届けするLINE公式アカウント。

お預かり中の様子、スタッフのインタビュー、動画視聴&質問会情報などをお届けします!
利用を検討されている方や、動画視聴申込みを迷われている方はぜひご登録ください。

LINE 友だち追加
動画視聴の
お申込み
LINE登録で
入園情報をみる